ピルタナウハ織りワークショップ2011/02/15 23:10

とってもうれしいお誘いをいただいて
二つ返事で参加させていただきました。

先生はフィンランド娘お二人のユニットTAKKUです。
TAKKUとはフィンランド語で「糸が絡まる」という意味だそうです。

最初に見本を見せて下さったヘイディの手元です。
ウエストにリボンをしっかりしばり、
そのリボンに縦糸の手前端を安全ピンで固定して織り始めます。

下の写真は織る人の目線です。
膝にはさんだ道具を上下させながらシャトルを動かしていきます。
強からず弱からず、ちょうどいい加減に。
なかなか力が定まりません。

そんなこんなで出来上がったのが左側のひもです。
材料はウールと麻の糸でした。

家へ帰ってから、ウェブページに載っていた紐の柄を真似てもう1本作ってみました。
糸は不良在庫のDMC Cebelia No.10。
コットンの糸は弾力がなくて、力加減の具合がもろに見えてしまいます。
始めと終わりはガタガタ。
中も調子がいいと目がそろっているけれど
いったんスムーズでなくなると、目もばらばら。
かなり悲しい出来上がりになってしまいました。
でも、ちょっと長め(縦糸は2mで切りました)で、腰に巻くとちょうどいいので
ピルタナウハ織の腰紐に使うことにします♪
房を切りそろえてから写真とればよかった。。。

とても楽しいワークショップでした。
中級になると、繰り返しでない柄も出せるようになるそうで
その辺りまでは教えていただきたいなぁ。。。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック