白木のマトリョーシカ2011/11/15 20:11

ヴォーグ学園の1dayセミナーの案内で
会場として書かれていたチェコ料理屋さんだあしゑんかをみてみたら
白木のマトリョーシカを販売しているサイトにたどり着きました。
http://www.maminka.com/

おまけ
「だあしゑんか」で月に1回、バックギャモンカフェをやっているそうな。
最近バックギャモンに付き合ってくれる人がいないので
久々にやりたいなぁ。。。
一度参加してみようかなぁ。。。

口金の付け方2011/11/11 10:26

がま口ジャッキなる工具を発見しました。
http://www.bubukyoto.com/gama/gamatool.htm

口金をつける時に、中心の他に、芯地に切り欠きをつけておくといいそうです。
http://blog.goo.ne.jp/ryoukuno/e/434c445eb7828e9f9b56ebd4440922a8

その他、How toがこちらからリンクされています。
http://www.bubukyoto.com/gama/index.htm


芯にするワッペンスライサー
http://shop.towanny.com/i-shop/category_s.pasp?cm_large_cd=21&cm_small_cd=1&to=cs

ビニールコーティング用接着芯 なんてのもありました。
http://www.peachmade.com/NewFiles/fu_121.html


小鳥付小物ケース作りワークショップ@ひらや2011/11/09 19:07


またまたご無沙汰、、、お久しぶりの記事です。
ようやく撮りためた写真を吸い上げたので
ちょっとさかのぼって、ぽつぽつと記事にしていきますね。

今日ははるばる淵野辺まで
イシカワカオルさんの小さながま口を作るワークショップに行ってきました。

口金の付け方が今ひとつ自信がなかったので
丁寧に教えていただいて
すっきりしました。

ストライプが流れるように曲がってしまってちょっと残念だったのですが
問題点を浮き上がらせるにはぴったり。
口金に布を差し込むときには
中央を意識して、前と後ろでねじれがでないようにしましょう。

その他の注意点
要のところにくる布の始末は
ちょこっと見えてしまうので、丁寧にしましょう。
まち付きの場合、かざりの位置は、低すぎるかなと思う位の場所がいいです。
ここがいいかな、と思う場所にしたら、ちょっと上すぎました。

口金を調達して、いくつか作ってみたいなぁ。。。

乗客同士のトラブルで電車が止まった影響で、駅で15分も停車してたり、、、
思いの外電車が混雑してたり、、、で
会場の「ひらや」に到着するまでに
かなり体力を消耗。
やっぱり淵野辺は遠かった。。。

イシカワカオルさん
http://www.sovasova.com/
ひらや きむらかよさん
http://papier.lomo.jp/

ピルタナウハ織りワークショップ2011/02/15 23:10

とってもうれしいお誘いをいただいて
二つ返事で参加させていただきました。

先生はフィンランド娘お二人のユニットTAKKUです。
TAKKUとはフィンランド語で「糸が絡まる」という意味だそうです。

最初に見本を見せて下さったヘイディの手元です。
ウエストにリボンをしっかりしばり、
そのリボンに縦糸の手前端を安全ピンで固定して織り始めます。

下の写真は織る人の目線です。
膝にはさんだ道具を上下させながらシャトルを動かしていきます。
強からず弱からず、ちょうどいい加減に。
なかなか力が定まりません。

そんなこんなで出来上がったのが左側のひもです。
材料はウールと麻の糸でした。

家へ帰ってから、ウェブページに載っていた紐の柄を真似てもう1本作ってみました。
糸は不良在庫のDMC Cebelia No.10。
コットンの糸は弾力がなくて、力加減の具合がもろに見えてしまいます。
始めと終わりはガタガタ。
中も調子がいいと目がそろっているけれど
いったんスムーズでなくなると、目もばらばら。
かなり悲しい出来上がりになってしまいました。
でも、ちょっと長め(縦糸は2mで切りました)で、腰に巻くとちょうどいいので
ピルタナウハ織の腰紐に使うことにします♪
房を切りそろえてから写真とればよかった。。。

とても楽しいワークショップでした。
中級になると、繰り返しでない柄も出せるようになるそうで
その辺りまでは教えていただきたいなぁ。。。

新聞エコバッグ2011/02/07 00:52

作り方を見てみれば、「なーるほど」という感じ。
使い方によっては、ちょっとしゃれた感じに使えるかも。
本も出ているそうです。