ルーマニアンマクラメ2017/06/24 16:07




カリヨン
ルーマニアンマクラメのワークショップに参加しました。

上になっているよく見えないステッチはニンジンステッチ、下側はブレスレットステッチです。

Stitch by Stitch2009/08/12 21:41

Stitch by Stitch
針と糸で描くわたくし

目黒の庭園美術館へ展覧会を見に行ってきました。
http://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/stitchi/

入口を入ると、ちくちくと赤い糸で縫い取った大きな白い布がかかっていました。
よく見ると、糸端が後ろに下がって見える。。。
あぁ、糸の始末をしないで、端から下げてあるのね。。。
これ、面白いけれど、糸がからんで大変そう。。。
などと思いつつ後ろへまわると。。。。。。。。。
な、な、なんと!
下がっているだけではないではありませんか!
いや〜これは、搬入して飾るのがさぞ大変だったことでしょう。

この手塚愛子さんの作品から始まって、面白いもの、どうでもいいもの、きらいなもの、いろいろありました。

私が一番そそられたのは、奥村綱雄さんの「夜警の刺繍」。
四角い枠に張って飾られていましたが、みんなブックカバーだそうです。
布に、と〜〜〜〜〜〜〜っても細かい針目で密に刺してあります。
時間に追われずに、無心でチクチクチクチクと刺す。
これは快感だと思います。

つい先を急いでしまう私には、こんな大きなサイズ(文庫本サイズなんですけれどね)は無理。くるみボタンでも、真似して作ってみようかなぁ。。。ワクワク。。。

以前の展覧会の再現だったそうです。
その時の案内は、こちら。
http://homepage.mac.com/mfukuda2/aiga26.html

今回の展覧会については、こちらが詳しい。。
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1819

パッチワーク2009/06/29 19:46

なんと生まれて初めてのパッチワークです。

5月29日(金)
若山雅子さんの展覧会@東急本店に、今年も行ってきました。

展覧会場を出たところで
4つのテクニックを使ったワンコインレッスン(500円)というのをやっていて
気になっていた
ペーパーピーシング と プラプレート
を教えていただきました。

写真左がペーパーピーシングという方法で作ったパッチワーク
この方法なら縫目の交差点がキチンと合いそうなので
私でもそこそこのパッチワークができるかも。。。
写真右は六角形のプラプレートです。
プレートを強引に引っこ抜くのですが
形がちゃんとキープできるのね。
道具ってありがたいものだわ〜

残りはトラプントとニードルパンチでしたが
時間がなかったので、あきらめました。。。

いつものように、最後のツメがあまく
ようやく、中身をツメて、返し口を閉じて
完成!しました。

はじめてのブティ完成!2007/07/31 12:04

boutis
昨日のブティが完成しました。
リボンははさみに通して縫い付けるとのことでしたが
リボンがはしごレースだったので
付けたりはずしたりできるように
針と糸でちいさなボタン風なものを編んで(ボタンホールステッチ)
取り付けました。
左上に裏側の写真をつけたのですが
白に白なので、ほとんどわからないですね。

はめる時は、ちょっと苦労しますけれど
取り外しを頻繁にするものでもないので
これでかなり満足です。

アサブロのあたらしく出来た機能を使って
写真が拡大できるようにしてみました。
どんな感じになるでしょうか。。。

ブチのミニ講習会2007/07/30 19:26

ブティのシザーズフォブ
「パリ在住の手芸家Estukoと娘YUとの二人展」の会場であった講習会に参加してきました。

ブティは針でコードを通してふくらませて行くという点に興味を引かれていました。
後から詰めるのに、布を切らないでするというアイディアが魅力です。

これは小さいシザーズフォブになる予定ですが
90分のレッスンでは
基本的なことを一通り教えていただいて、
ここまでが精一杯でした。
続きはこれから。

なんとなく、ちょっと、はまりそうな予感が。。。
ということで、小さいキットをわけていただいてきました。